水と塩素について

水と塩素のバランスを考える

水と塩素バランス健康与える影響

水は生命維持をするうえで欠かせません。それは生きている限り常に消費し続ける為、飲む量が少ないとじきに枯渇してしまい健康を害してしまいます。しかし飲むすぎることも危険です。過剰に飲むことで中毒症状を引き起こす可能性もあります。これは体内に過剰な水が取り込まれることで血液中の濃度バランスが崩れてしまいます。多少崩れる程度であれば支障はありませんが、急激に崩れると健康への被害もあります。またそのバランスは塩分濃度でも調節されています。そのため飲みすぎてしまったときは少量の塩素を体内に摂取することでそのバランスを保つことが可能です。

体内水分量と健康の関係

人間の体を構成する成分のうち、5、6割を占める水は、私たち人間が健康に生きていくために必要不可欠な役割を沢山担っており、不足した場合は体に不調が生じます。例えば、喉の乾きは、体内から体重あたり1%の減少を生じた際に感じます。同様に、4~6%失われると、唾液や尿の量が減少し、体温が上昇します。さらに失われる量が増え、10%に達した場合、人によっては意識障害となる場合もあります。そして、20%が失われると生命活動の危機に直面します。このように、健康に生きるためにはなくてはならない水ですから、こまめに摂取することを心掛け、欠乏しないように気をつけましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康のために水を飲む事について All rights reserved